症状固定

交通事故で負ってしまったケガの治療をこれ以上続行したとしても、大幅な改善効果を期待することができず、長い目でみるとよくなったり、悪くなったりするようなことがなくなった状態を症状固定といいます。

交通事故のケガでよくあるむちうちの場合、医療機関で薬の投与やリハビリを行なうと少しはよい変化があるものの、少し時間が経過するともとに戻りというサイクルができあがっている状態です。

なお、これは医学的な意味での症状固定です。

損害賠償での症状固定というのは、大幅な改善を期待することができないのに、ダラダラと相手方に負担させるのではなく、治療期間は終わったものとし、残った障害・症状に関しては後遺障害として損害賠償の対象にし、交通事故問題を早く終わらせてしまいましょうというものです。

損害賠償での症状固定前には、事故発生後から障害部分として治療費、休業損害、入院慰謝料などの請求が可能です。これに対し、症状固定後には後遺障害部分として、等級が認定されることにより逸失利益、後遺障害慰謝料の請求を行なうことが可能です。

症状固定により、障害部分の請求は不可能となります。なお、症状固定は治療をスタートしてから大体6ヶ月が過ぎた時点で、医師によって診断されることになりますが、この期間の倍以上かかることもあります。

等級認定

Top