等級認定

後遺障害には全部で16等級があり、1級が後遺障害の程度として一番悪く、損害賠償の限度額が最高額に設定されています。第何等級になるかは、等級認定の結果次第です。等級認定を受ける方法は、事前認定と被害者請求の2種類があります。

事前認定は後遺障害の等級認定手続きを保険会社が代行してくれる方法で、被害者請求は交通事故の被害者が自分で自賠責保険会社に後遺障害の等級認定を申し込む方法です。参照…アディーレ法律事務所 - 交通事故後遺障害

事前認定は保険会社に任せておけばいいので、被害者が必要書類を用意する手間がほとんどかかりません。

非常に便利ではあるものの、担当するのは加害者側の保険会社であり、より有利な等級が認定されるようにと、担当者が的確な助言をしてくれたり、資料や検査が不十分であるというような問題の指摘を行なったりすることはまずありません。

結果、適正な認定を受けることができない可能性があります。これに対し、被害者請求は自分で必要書類を用意するなど、手続きのための労力は大きくなります。手続き自体も複雑で難しいものですが、弁護士に依頼することで提出する書類の中身の精査を行ない申し込むことにより、適切な認定を受けることができる可能性は高まります。

弁護士費用も弁護士費用特約が付帯している保険に加入していれば、費用倒れになってしまう可能性は低いです。

症状固定

Top